セミナー・シンポジウム

開催内容詳細

「第12回アントレプレナーシップ・コンファランス」

■日時:2023年3月5日(日)10:00~16:40
■場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館3階・ケーススタディ演習室 

日時・会場

■日時:2023年3月5日(日)10:00~16:40
■場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館3階・ケーススタディ演習室

概要

第12回 アントレプレナーシップ・コンファランスを,日本ベンチャー学会,日本中小企業学会,企業家研究フォーラム,ファミリービジネス学会の共催、および、組織学会と日本経営学会の協力で下記の要領で開催いたします。
今回も,アントレプレナーシップを中心に,6学会に関連する幅広いテーマの下,若手・中堅研究者の研究を鼓舞し,より良い研究を促進する目的で,通常の学会よりも時間をかけた濃密な議論を通して,論文の発展を促す「場」を提供します。このコンファランスは,ペーパー・ディベロップメント形式です。事前スクリーニングによって選ばれた4つの研究を,より精緻な学術論文へと発展させることを目指します。当日はオーディエンスも含め,フルペーパーを全員が事前に読了の上で参加し,4つの論文を1日かけて議論します。
今年は,12回目の開催となります。昨年同様、多くの討論者やファシリテーターの先生方に,ご参加いただきます。参加者全員で,濃密な議論を繰り広げて,実り多き1日にいたしましょう。

プログラム

10:00-10:15 オープニング
第12回EC運営委員長:山田仁一郎(京都大学教授)

10:15-10:20 進行説明
第12回EC運営委員(幹事):伊藤智明(京都大学特定講師)

10:20-11:20 第1報告
「大学発ベンチャーの信頼性構築に関する研究:組織化の過程にみる信頼性について」
報告者:杉山美里(法政大学大学院公共政策研究科・博士後期課程)
討論者:新藤晴臣(中央大学教授),本庄裕司(中央大学教授)

11:25-12:25 第2報告
「アントレプレナーの『ストーリーテリング』とは何か?:参与観察とGTAを使った質的分析手法を通して」
報告者:軸屋泰隆(早稲田大学大学院商学研究科・博士後期課程)
討論者:高橋勅徳(東京都立大学准教授),江島由裕(大阪経済大学教授)

13:30-14:30 第3報告
「同族企業のリスク特性と制御要因」
報告者:上村哲司(筑波大学人文ビジネス科学学術院・博士後期課程)
討論者:落合康裕(静岡県立大学教授),淺羽茂(早稲田大学大学院教授)

14:35-15:35 第4報告
「起業家行動精神は後天的に身につくのか?:子供の頃の原体験はアントレプレナーシップに起因するのか?」
報告者:原田勲(慶應義塾大学大学院経営管理研究科・修士課程)
討論者:吉田満梨(神戸大学准教授),田路則子(法政大学教授)
※田路先生はオンラインでのご参加の可能性あり

15:40-16:30 総括ディスカッション
ファシリテーター:岡室博之(一橋大学教授)

16:30-16:40 クロージング 岡室博之(一橋大学教授)

コンファランスの参加申込について

参加希望の方は,2月12日(日)までに以下のGoogleフォームにて,お申し込みください。
Googleフォームには,下記項目を明記して応募して下さい。定員40名(先着順)。
GoogleフォームのURL:https://forms.gle/f9WxFp5gbVquwcZH6
受付締切後,フルペーパーと会場へのアクセスを送付いたします。
1 ご氏名
2 ご所属・職位(学年)
3 メールアドレス
4 所属学会
5 研究テーマ

お問い合わせ先

アントレプレナーシップ・コンファランス運営委員会
伊藤智明(京都大学)
ito.chiaki.3z@kyoto-u.ac.jp

お申し込み

お申し込みはこちらから

↑ページTopへ