研究プロジェクト

  1. Home
  2. 研究活動
  3. 研究プロジェクト
  4. 研究型プロジェクト一覧

研究型プロジェクト一覧

研究型プロジェクトとは、先端領域におけるアカデミックなベンチャー企業研究を積極的に支援するプロジェクトです。
挑戦的な研究課題に取り組む少人数のチームを支援することを主たる目的としています。

ビジネスモデル教育 研究プロジェクト

「高等学校における起業家教育の効果に関するアクションリサーチ」

当プロジェクトでは、高等学校における起業家教育を通じての起業家精神の獲得プロセスを、知の視点から説明する理論的モデルを構築することを目的に研究活動を進めます。2013年度より新たに起業家教育にとりくむ青森県内の高校を主な研究フィールドとし、教育の現場に入ったアクションリサーチを行います。教育を通じて、高校生達が、起業に関する既存の知識・スキル・信念をどのように修正または追加し、起業精神を獲得していくのかを明らかにし、起業家教育の学習モデルを構築していくことを目指します。これを通じて、いかに起業家精神を持った人材を育成していくかという課題に応えていきたいと考えます。

代表者:大江 建 (早稲田大学)

(活動期間:2013年5月1日~2015年4月30日)

 ご連絡はこちらから

インキュベーション 研究プロジェクト

「地方において創業を実現するビジネスインキュベーションのあり方に関する研究」

1990年代後半以降、ベンチャー企業や新事業創出、地域経済の活性化等を目的としたビジネスインキュベーション施設が全国各地に設置されました。これらの施設の多くは、地方公共団体や経済団体によって設置・運営され、地方における創業支援基盤の一つとして重要な役割を果たしてきました。ビジネスインキュベーション施設は、設置目的によって様々な形態が存在しますが、本研究プロジェクトでは、特に創業の担い手が少ない地方において創業を実現する仕組みとしてのビジネスインキュベーションに着目します。各地の事例調査を行い、創業及び創業支援の現状や課題を分析するとともに、成果を上げた取り組みから成功要因を抽出することを目指します。

代表者:丹生 晃隆 (島根大学 産学連携センター)

(活動期間:2013年5月1日~2015年4月30日)

 ご連絡はこちらから

ビジネスモデル構築 研究プロジェクト

「スタートアップ期におけるビジネスモデルの(再)構築と企業家の内省との関係についての対話型リサーチ」

本研究は、「企業家の『語り』のデータベース」を構築・分析することで、ビジネスモデル構築プロセスにおける企業家の「認識枠組み」とその変遷を明らかにすることを目的としています。加えて、研究者が解釈した認識枠組みを企業家に繰り返しフィードバックすることで、ビジネスモデル構築プロセスに関する新たな解釈の生成と企業家の「内省的語り」を可能にし、実践経営に活かすという循環モデルの開発も目指します。本研究を通じてわれわれは、理論的にはビジネスモデルの変化のメカニズムを試論的に提示し、また、実践的には企業家に対して新たな内省の機会を提供するモデル開発を試行します。

代表者:足代 訓史(大阪経済大学)

(活動期間:2014年6月1日~2016年5月31日)

 ご連絡はこちらから

ASEANアントレプレナーシップ 研究プロジェクト

「大学生のアントレプレナーシップの国際比較」

ベンチャー企業のなかには、そのスタートアップ期からグローバル化を視野に入れるケースが増えてきました。とくにASEAN地域は日本のベンチャー企業の進出先として有望なエリアです。
そのような背景を踏まえ、当プロジェクトは、ASEAN各国および日本の大学生の起業家としての性格特性を把握し比較することを目的としています。進出にあたり、現地の人材確保・育成の視点から学生の起業家的資質の傾向を把握しておくことは意義あることと考えます。この成果を、日本およびASEAN諸国の人材育成プログラムの開発につなげていくことを目指します。

代表者:大江 建 (早稲田大学)

(活動期間:2016年6月1日~2018年5月31日)

 ご連絡はこちらから

再訪・中堅企業:成長の節目を乗り越えようとする企業の調査研究プロジェクト

「中小企業が成長過程で直面しうるライフサイクル上の節目、および中堅企業の戦略オプションとしてのM&Aに焦点をあてる複数事例研究」

本研究では、成長の節目に面した中堅企業が戦略的M&Aを始動させ、完遂するまでの過程における重要ファクターを明らかにすることを目的とした複数事例研究を実施します。当該M&A案件のキーパーソンは何らかの企業家的意図に基づいてプロジェクトの実施を決断するものの、M&A交渉という高度に不確実な過程が進行するにつれて様々な障害に直面することが予想されます。本研究は買収側と被買収側の視点をともに考慮し、かつ企業内部で生じるダイナミズムを重視した行為的アプローチを採用することにより、M&A交渉プロセスに関する質的研究の到達点を前進させることを企図しています。

代表者:林 侑輝 (大阪市立大学)

(活動期間:2018年6月1日~2020年5月31日)

 ご連絡はこちらから

研究プロジェクトTOP
▼プロジェクト一覧
研究型プロジェクト一覧
実践型プロジェクト一覧
▼活動
活動(プロジェクト): 2013年一覧