日本ベンチャー学会清成忠男賞

  1. Home
  2. 学会賞
  3. [2017年]受賞論文詳細

2017年 第12回清成忠男賞 論文部門/第5回清成忠男賞 書籍部門 受賞者

<2017年度 清成忠男賞 論文部門(本賞) 受賞者>
木川 大輔 氏(首都大学東京大学院講師)
<受賞論文タイトル>「コーポレート・ベンチャーキャピタル投資は企業の目利き力を高めるか?」
<掲載誌名・号・年>『日本ベンチャー学会誌 Venture Review』No.28、2016年

<2017年度 清成忠男賞 書籍部門 受賞者>辻田 素子 氏(龍谷大学教授)/西口 敏宏 氏(一橋大学名誉教授)
<受賞書籍タイトル>「コミュニティー・キャピタル ‐中国・温州企業家ネットワークの反映と限界」
<出版年月、出版社、ISBN>2016年6月、有斐閣、978-4-641-16482-6

※肩書は執筆当時

論文(本賞)

<論文部門(本賞)論文要旨>

 近年、事業会社によるVC投資、いわゆるCVC投資が学術的にも実践的にも注目を集めている。先行研究では、CVC投資が投資元の事業会社へ与えるベネフィットとして、主に投資を通じた技術やアイディアの模倣に焦点を当てた議論が行われてきた。これらの議論では、技術やアイディアの模倣が行い易い産業、すなわち特許による知的財産の保護が弱い産業においてのみ、CVC投資が事業会社のイノベーションや企業価値に影響を与えるという示唆が行われてきた。
それに対して本稿では、CVC投資が投資元の事業会社へもたらすベネフィットとして、先行研究で議論されてきたものとは異なるメカニズムに着目し分析をおこなった。検証結果からは、CVC投資を通じた情報の蓄積が、当該技術分野に対する不確実性を低減させる働きを持つという可能性が示唆された。また、このことは、先行研究の指摘する「CVCのパラドクス」を、理論上は克服が可能であることを示唆している。

 キーワード:コーポレート・ベンチャーキャピタル、医薬品産業、知識の獲得、吸収能力、知的財産

<Abstract>

 Recently an emerging discussion regarding corporate venture capital investment (CVC) is getting attention as a new research theme. These discussions have focused on inter-organizational knowledge acquisition by which firm imitates technologies or ideas of entrepreneurial ventures. Previous literature also has suggested that imitations of technologies or ideas by backing firms are limited in industries which intellectual property protection is weak for an appropriability of product innovation.
However, if these suggestions by previous literature are correct, we cannot have enough answer for why firms do CVC investment in industries which patent protection is strong. To provide a solution for this problem, we focused on a moderating effect of CVC investment on firm's absorptive capacity (Cohen and Levinthal, 1990). In particular, we evaluate how corporate value changes when a focal firm acquires external knowledge. For an empirical analysis, we use licenses and acquisitions panel data of patents in the pharmaceutical industry.
According to the result of the analysis, greater CVC investment positively correlates with firm's value when acquiring uncertain external knowledge. In contrast, greater CVC investment negatively correlates firm's value when acquired external knowledge is relatively certain. These findings suggest that information accumulation via CVC investment reduces technological uncertainty in that area. These findings also suggest that CVC investment may contribute to both venture financings and venture's exit.

 Key words : Corporate Venture Capital, Pharmaceutical Industry, External Knowledge Acquisition, Absorptive Capacity, Intellectual Property

  • 日本ベンチャー学会清成忠男賞Top
  • 受賞者一覧
  • ▼受賞論文詳細
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2017年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2016年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2015年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2014年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2013年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2012年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2011年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2010年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2009年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2008年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2007年
    日本ベンチャー学会清成忠男賞: 2006年